2015年02月16日

千紫万紅飄

うららかな春の日、私は感じて、あの子供時代の恋。淡い緑の中に見え隠れのあの1筋の恥赤、いつも急激にとても喜びと感慨を発見した。歳月が流失して、総君を深く隠して海、あなたは春の使者、春の未練もよく夢の中で閲覧膠原自生

春風が吹いて、故郷のたびに包まれている緑の雲の中で、靑い瓦ちらちら。ドアの前にはっきりやさしい水面が白で、ガチョウは淫乱のオール漕い毛がふさふさ船。徐々に、嫩嫩的柳の糸蕩ダンス紫燕の見て歩き。風がなでるように顔に、母の手は暖かい.かゆい.もっと像揺れるゆりかご。

卸去冬の重い、蝶は子犬の鳴き声を誘って柳笛広大な野原を追いかけて。ふと気が付いた、一枚。充満漫影象のように、雲、霞、のようなピンクの云帆。

抱いてわくわくドキドキあなたの前では、驚きの中に両手を広げてにぶいのは叫ぶ!春が来た娘、あなたが春風の中で咲いて恥ずかしくて赤の笑顔。

つぼみ、一つ一つ、総生り、嫩嫩的.粉の.可愛、象の赤ちゃんの笑顔……

よ!故郷の桃の花、那坡長い、赤淡い雲煙、私は夢の中の家。あなたが盛んな生命力を与えてくれる若い時の無限の幸せ!私の無邪気な子供のように!

この命のなまめかしさを見て、私はいくつかの淺はかな道理を悟ること、あなたのように私たちの故郷の人の品格、どんな生存環境が変わって;あなたは広くて平坦で、安然に沿って、自分の本性生長。無人認めないで、寂しさは驚くほどではないが、怨み。客製配方腹の中からどんどん湧いてきな生命力、吐き出さない、風に置いて、不快だ。吐蕊、傲然とまっすぐ細い枝。

足元に背かない方に背かない寸土、頭の一面の靑空、思い切って体現している生命の太陽と鮮やかな。努力擎起頭上片片清純な美しい、山風に揺れを感じるゆとり種。

故郷を眺め、例えば春雨情、またあのふと発見を感じたい。花が咲きに何年かどうか、故郷の雲は逝った昔の顔?素樸で善良な人はまた家の故郷を開拓、容姿の更新、千紫万紅飄乗り回し。

春風が再起美しい思いは1回して楽しい旅行、少年時代の波に影を再現する。世の名花千万種類;私愛している私の郷裏の三月、それに酔って自然のうららかな春の日圍裙
posted by fadacylau at 12:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください